【探しっくす】は、無料で有料老人ホーム・高齢者住宅の検索と一括資料請求ができる情報サイトです。

文字サイズ

貴方にあった、老人ホーム
探しをお手伝い!!

TEL:0120591165 平日9:30~18:30

介護保険の基礎知識 介護保険の基礎知識

まざまな介護サービスを、一割の自己負担で受ける
ことができるのが「介護保険」です。

【介護保険適用可能】特定施設と在宅介護サービスの自己負担例

【介護保険適用可能】特定施設と在宅介護サービスの自己負担例

【介護保険適用可能】特定施設と在宅介護サービスの自己負担例

介護保険では、診療所や病院、老人ホームといった「特定施設」でのサービスやホームヘルパーなどの「在宅介護サービス」などの支援を受けられます。この記事ではこの2種のサービスを介護保険制度下で利用する場合の支払い金額ついて解説します。

目次

特定施設と在宅介護サービスの介護保険との関係

介護保険とは、被保険者が保険料を納めることによって、介護サービスを1割負担で(高所得者は2割で)受けることが出来る制度です。消費者1割負担の原則は、特定施設のサービスでも在宅介護サービスでも適応されます。

しかし、在宅介護サービスの場合は1ヶ月ごとに支給限度額が定められています。要支援・要介護度によって以下の通りの金額になります。

  支給限度額 自己負担額(1割) 自己負担額(2割)
要支援1 50,030円 5,003円 10,006円
要支援2 104,730円 10,473円 20,946円
要介護1 166,920円 16,692円 33,384円
要介護2 196,160円 19,616円 39,232円
要介護3 269,310円 26,931円 53,862円
要介護4 308,060円 30,806円 61,612円
要介護5 360,650円 36,065円 72,130円

支給限度額以上のケアについては、全額自己負担になります。自己負担額が1割のため、複数のサービスを追加してしまいがちですが、全額負担を避けるためにも細かく調整しましょう。

介護保険を利用した特定施設の自己負担例

特定施設は要介護レベルが上がるにつれて高くなります。介護保険を利用した場合の1ヶ月分(30日)の利用料目安をご紹介します。

要介護1 15,990円
要介護2 17,910円
要介護3 19,980円
要介護4 21,900円
要介護5 23,940円

掲載金額はあくまでも、目安です。施設の所在地域やサービスの内容によって金額は前後します。入居前に確認しましょう。

また、掲載金額の他に食費やおむつ代など、別途生活費が必要になることがほとんどです。

介護保険を利用した在宅介護サービスの自己負担例

介護保険を利用した在宅介護サービスは要介護レベルではなく、介護内容や対応した時間によって料金が決まります。1時間のサービスに5,000円するものもあり、時間当たりの料金は、特定施設介護サービスに比べて割高です。

訪問介護

在宅で介護を受けられるサービスです。要介護者の食事や着替えの世話や、排泄の補助など、日常生活における基本的行動の支援と補助が主な内容です。

身体介護が中心 30分未満 1,650円
20分以上30分未満 2,480円
30分以上1時間未満 3,940円
1時間以上 5,750円
生活援助が中心 20分以上45分未満 1,810円
45分以上 2,230円
通院等のための乗車又は降車の介助 980円

訪問看護

訪問看護とは病気や障害を抱えた要介護者の自宅で、診療生活のお世話や補助を受けられるサービスです。自宅に訪問する看護師やケアスタッフは主治医の指示(訪問看護指示)に従いながら介護を行います。また、他の介護事業者と連携してサービスを提供することもあります。

指定訪問看護ステーション
20分未満 3,110円
30分未満 4,670円
30分以上1時間未満 8,160円
1時間以上1時間30分未満 11,180円
病院又は診療所
20分未満 2,630円
30分未満 3,960円
30分以上1時間未満 5,690円
1時間以上1時間30分未満 8,360円

通所介護(デイサービス)・通所リハビリテーション(デイケア)

特定介護福祉用品の購入額の控除は健康保険のように自動的に引かれるわけではありません。以下の通り、特有の手続きを要します。手続きの方法を解説します。

申請方法

通所介護(デイサービス)とは、特定施設などに入居せず、デイサービスの事業所に通うことで受けられる介護サービスです。食事や入浴、その他レクリエーションなどが提供されています。

また、似たような施設に通所リハビリテーション(デイケア)があります。老人保健施設や病院へ通うことで、リハビリが受けられます。

通所介護(デイサービス)
3時間以上4時間未満 要介護1 3,620円
要介護2 4,150円
要介護3 4,700円
要介護4 5,220円
要介護5 5,760円
4時間以上5時間未満 要介護1 3,800円
要介護2 4,360円
要介護3 4,930円
要介護4 5,480円
要介護5 6,050円
5時間以上6時間未満 要介護1 5,580円
要介護2 6,600円
要介護3 7,610円
要介護4 8,630円
要介護5 9,640円
6時間以上7時間未満 要介護1 5,720円
要介護2 6,760円
要介護3 7,800円
要介護4 8,840円
要介護5 9,880円
7時間以上8時間未満 要介護1 6,450円
要介護2 7,610円
要介護3 8,830円
要介護4 10,030円
要介護5 11,240円
8時間以上9時間未満 要介護1 6,560円
要介護2 7,750円
要介護3 8,980円
要介護4 10,210円
要介護5 11,440円
通所介護(デイサービス)
1時間以上2時間未満 要介護1 3,290円
要介護2 3,580円
要介護3 3,880円
要介護4 4,170円
要介護5 4,480円
2時間以上3時間未満 要介護1 3,430円
要介護2 3,980円
要介護3 4,550円
要介護4 5,100円
要介護5 5,660円
  要介護1 4,440円
要介護2 5,200円
要介護3 5,960円
要介護4 6,930円
要介護5 7,890円
3時間以上4時間未満 要介護1 5,080円
要介護2 5,950円
要介護3 6,810円
要介護4 7,910円
要介護5 9,000円
4時間以上5時間未満 要介護1 5,760円
要介護2 6,880円
要介護3 7,990円
要介護4 9,300円
要介護5 10,600円
5時間以上6時間未満 要介護1 6,670円
要介護2 7,970円
要介護3 9,240円
要介護4 10,760円
要介護5 12,250円
6時間以上7時間未満 要介護1 7,120円
要介護2 8,490円
要介護3 9,880円
要介護4 11,510円
要介護5 13,100円
7時間以上8時間未満 要介護1 3,290円
要介護2 3,580円
要介護3 3,880円
要介護4 4,170円
要介護5 4,480円

介護保険を利用した在宅介護サービス(短期入所)の自己負担例

在宅で介護を行うご家庭の多くが検討する、特定施設への短期入所。短期の入所の場合は、特定施設の負担同様、要支援・要介護度によって、自己負担が異なります。また、受けるサービスによっても金額が前後します。

短期入所生活介護<ショートステイ>

被介護者は、特別養護老人ホームなどの特定施設に短期的に入所することによって、食事、入浴など生活の基本的な行動の支援を受けたり、訓練を行ったりすることができます。また、特定施設による介護サービスは、被介護者が特定施設に短期入所することにより、家族の介護の負担を軽減させる狙いもあります。

費用は、施設のスタイルによって以下のように変動します。

従来型個室(1日あたり)
要介護1 6,250円
要介護2 6,930円
要介護3 7,630円
要介護4 8,310円
要介護5 8,970円
多床室(1日あたり)
要介護1 6,250円
要介護2 6,930円
要介護3 7,630円
要介護4 8,310円
要介護5 8,970円
ユニット型個室・ユニット型個室的多床室(1日あたり)
要介護1 7,230円
要介護2 7,900円
要介護3 8,630円
要介護4 9,230円
要介護5 9,970円

短期入所療養介護(従来型個室)

要介護者は、保健施設や診療所、病院などに短期間入所することによって、医師や看護師職員、理学療法士による医療サービスや機能訓練、日常生活の支援を受けることができます。医療行為が付帯するため、料金もその分割高になることが多く、短期入所生活介護同様、施設のスタイルによっても負担額が異なります。

従来型個室(1日あたり)
要介護1 7,530円
要介護2 7,980円
要介護3 8,590円
要介護4 9,110円
要介護5 9,620円
多床室(1日あたり)
要介護1 8,260円
要介護2 8,740円
要介護3 9,350円
要介護4 9,860円
要介護5 10,390円
ユニット型個室・ユニット型個室的多床室(1日あたり)
要介護1 8,320円
要介護2 8,770円
要介護3 9,390円
要介護4 9,920円
要介護5 10,430円

介護保険を賢く利用しましょう

介護保険制度下での特定施設、在宅介護サービスでの自己負担額について紹介しました。介護保険制度を利用しなければ、掲載額の10倍の支払いとなります。自己負担例一つをとっても、介護サービスがいかに割高なサービスであるかがお分かり頂けたかと思います。

もちろん、長年親しんだご自宅での介護を希望する方もいらっしゃるでしょう。しかし、ご紹介した通り、場合によっては、在宅介護サービスの方が割高になる場合もあります。サービスにかかる料金と対応時間、介護の負担などを考えて、特定施設と在宅介護を上手に選択しましょう。

 
ページトップ