【探しっくす】は、無料で有料老人ホーム・高齢者住宅の検索と一括資料請求ができる情報サイトです。

文字サイズ

貴方にあった、老人ホーム
探しをお手伝い!!

TEL:0120591165 平日9:30~18:30

有料老人ホームの選び方 有料老人ホームの選び方

どの施設が自分に適しているのかを
知っておきましょう。

「有料老人ホーム」と「サービス付き高齢者向け住宅」の違い

【徹底比較】有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違いとは?

【徹底比較】有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違いとは?

有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅はいずれも高齢者の方に安心して暮らせる居住空間を提供する点は変わりません。しかし、それぞれには異なった特徴があります。ここではサービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームの違いを紹介し、どんなときにどの施設がおすすめなのか解説していきます。

目次

有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違い

有料老人ホームとは、入居者に介護や食事といったサービスを提供し快適に過ごしてもらうための施設です。対してサービス付き高齢者向け住宅は高齢者が過ごしやすいようバリアフリーに対応した賃貸住宅の一種です。本質的な違いがあるので、比較できる点はいくつもありますが、大別すると以下のような点があります。

  • ・介護サービスの違い
  • ・生活の自由度
  • ・契約形態

介護サービスの違い

有料老人ホームは種類により、介護を必要とする高齢者が入居できる場合があります。

しかし、サービス付き高齢者向け住宅は、基本的に自立した生活が可能な高齢者が主な対象です。施設により違いがあるものの、簡単な安否確認や生活相談、掃除・買い物代行といった生活支援のサービスが主です。重度の介護状態では、住み続けることが難しいでしょう。

生活の自由度

入居している高齢者の特性上、有料老人ホームは外出や外泊をする際は、その都度届け出が必要です。ほとんどの高齢者が事前に届け出ることで受理されますが、要介護度によっては申請が通りにくいケースもあります。

一方のサービス付き高齢者向け住宅は、あくまでも賃貸住宅の一種なので、外出・外泊も届け出の必要がありません。

契約形態

有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の最も大きな違いとしてあげられるのが契約形態です。有料老人ホームでは、施設に住む権利・利用する権利、さらに介護をはじめとしたサービスを受ける「利用権方式」の契約形態となります。

一方のサービス付き高齢者向け住宅は、あくまで賃貸住宅の一種なので、利用者と賃貸契約を結ぶことになります。

タイプ別有料老人ホームと高齢者向け住宅の違い

一口に有料老人ホームといっても、以下3つの種類があります。

  • ① 介護付有料老人ホーム
  • ② 住宅型有料老人ホーム
  • ③ 健康型有料老人ホーム

ここではそれぞれの種類の有料老人ホームと、サービス付き高齢者向け住宅の違いを細かく解説します。

① 介護付有料老人ホームとの比較

介護付有料老人ホームは介護が必要な老人が対象の施設であり、施設に常駐するスタッフから介護サービスを受けることができます。食事をはじめ、入浴・排泄といった日常生活に必要な介護サービスが提供されます。

介護付有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の主な違いは以下の通りです。

  介護付有料老人ホーム サービス付き高齢者向け住宅
施設の目的 介護を必要とする高齢者が、さまざまな介護サービスを受けながら居住すること 主に自立した高齢者が安心して居住できること
対象者 介護が必要な高齢者 主に自立した高齢者。もしくは要介護度が軽度の高齢者
必要な費用の目安 入居一時金:0~1億円以上
月額費用:12~40万円
敷金:主に家賃の2~3ヵ月分
月額費用:5~25万円
提供される具体的なサービス 食事の用意
食事・入浴・排泄といった介護サービス
その他、リハビリやレクリエーションなど
安否確認・生活相談・生活支援(掃除や買い物の代行など)

② 住宅型有料老人ホームとの比較

所有権をもって、物件を賃貸に出したり相続したりといったことも検討したいならシニア向け分譲マンションを選ぶことになります。サービス付き高齢者向け住宅は賃貸住宅の一種なので、賃貸借契約を結ぶことになります。

住宅型有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の主な違いは以下の通りです。

  住宅型有料老人ホーム サービス付き高齢者向け住宅
施設の目的 自立した高齢者、もしくは要介護度の高い高齢者が生活支援を受けながら居住できること 自立した高齢者、もしくは要介護度の高い高齢者が生活支援を受けながら居住できること
対象者 自立した高齢者、介護が必要な高齢者いずれも可
※施設により異なる
主に自立した高齢者。もしくは要介護度が軽度の高齢者
必要な費用の目安 入居一時金:0~1億円
月額費用:12~40万円
敷金:主に家賃の2~3ヵ月分
月額費用:5~25万円
提供される具体的なサービス 生活支援(掃除や買い物の代行)や健康管理、食事の用意など
※施設により異なる
安否確認・生活相談・生活支援(掃除や買い物の代行など)

③ 健康型有料老人ホームとの比較

有料老人ホームは、その名の通り健康で自立した高齢者のみが対象です。トレーニングルーム・カラオケ・麻雀ルーム・露天風呂などなど、健康な高齢者がアクティブに過ごせる施設が用意されている場合もあります。

健康型有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の主な違いは以下の通りです。

  健康型有料老人ホーム サービス付き高齢者向け住宅
施設の目的 自立した高齢者がアクティブな生活をおくること 主に自立した高齢者が安心して居住できること
対象者 自立した高齢者のみ
※介護が必要になったら退去が必要
主に自立した高齢者。もしくは要介護度が軽度の高齢者
必要な費用の目安 入居一時金:0~数千万円以上
月額費用:12~40万円
敷金:主に家賃の2~3ヵ月分
月額費用:5~25万円
提供される具体的なサービス 食事の用意
生活支援(掃除や買い物の代行) など
安否確認・生活相談・生活支援(掃除や買い物の代行など)

それぞれの施設はこんなときにおすすめ

ご紹介した3つの有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違いをもとに、どんなときにどの施設が適しているか、例をご案内します。施設を検討されている方はチェックしてみてください。

充実した設備を満喫したい

設備の充実度で選ぶならば、「健康型有料老人ホーム」が良いでしょう。先程もご紹介した通り、ジムやカラオケなどの施設が盛りだくさんなので、他の入居者と楽しみながら毎日を生活することができます。

介護サービスを利用したい

「住宅型有料老人ホーム」と「介護付有料老人ホーム」は、いずれも介護が必要な高齢者におすすめの施設です。住宅型有料老人ホームは外部サービスを選択でき、介護付有料老人ホームは介護サービスを目的とした施設でした。介護度や用途に合わせて選択しましょう。

多用な生活を過ごしたい

健康な方が生活のバリエーションや自由度を求めるならば、やはり「サービス付き高齢者向け住宅」が良いでしょう。外出が自由にできるのはもちろんですが、一見すると一般的なマンションと変わりがないので、これまでの生活とギャップを感じることなく過ごせるでしょう。

違いを知ってよりご自身や家族にあった施設を選ぼう

高齢者の方が居住するための施設である点は同じですが、サービス付き高齢者向け住宅・有料老人ホームそれぞれに特徴があります。サービス付き高齢者向け住宅はバリアフリーに対応した高齢者向けの賃貸住宅であり、生活の自由度が高いです。

一方、有料老人ホームは食事の用意や介護などのサービスがついた施設です。提供されるサービスや設備の内容は、有料老人ホームのタイプ(介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・健康型有料老人ホーム)ごとに異なります。

それぞれ、高齢者の方の状態や趣向によって向き・不向きがあるので、それぞれの施設の違いを把握して、より適切な施設を選ぶようにしましょう。

 
ページトップ