【探しっくす】は、無料で有料老人ホーム・高齢者住宅の検索と一括資料請求ができる情報サイトです。

文字サイズ

貴方にあった、老人ホーム
探しをお手伝い!!

TEL:0120591165 平日9:30~18:30

老人ホーム・高齢者向け
住宅にカンタン資料請求!

有料老人ホームの選び方 有料老人ホームの選び方

どの施設が自分に適しているのかを
知っておきましょう。

サービス付き高齢者向け住宅とは?

【元気な高齢者向け】老人ホーム|サービス付き高齢者向け住宅とは?

careimg01.png

老人ホームには、介護の必要がほとんどない元気な高齢者のための「サービス付き高齢者向け住宅」というものがあります。他の老人ホームとはどういった違いがあるのでしょうか。今回はサービス付き高齢者向け住宅とはどんな施設なのか、その特徴をご紹介します。

  

目次

サービス付き高齢者向け住宅とは?

サービス付き高齢者向け住宅とは、介護不要な高齢者、もしくは要介護度の低い高齢者のための介護施設のことを言います。略して「サ高住」とよく言われているのも特徴です。 介護施設と言うと、食事、入浴、排泄など日常的な介護を担ってくれる施設のことを指す場合が多いです。実際、上のような介護サービスを行う施設を思い浮かべる人が多いでしょう。 しかしこれに対してサービス付き高齢者向け住宅は違います。入居者のほとんどが日常的な介護が必要ないため、介護職員による見守りサービス・生活相談サービスを受けながら、自由度の高い暮らしを得ることができます。 「まだ元気だけど、心配だから施設にお願いしたい」という高齢者の家族がいる人は、ぜひ利用を検討しておきたいところですね。

サービス付き高齢者向け住宅の特徴

サービス付き高齢者向け住宅とは、介護不要な高齢者、もしくは要介護度の低い高齢者のための介護施設のことを言います。略して「サ高住」とよく言われているのも特徴です。

介護施設と言うと、食事、入浴、排泄など日常的な介護を担ってくれる施設のことを指す場合が多いです。実際、上のような介護サービスを行う施設を思い浮かべる人が多いでしょう。

しかしこれに対してサービス付き高齢者向け住宅は違います。入居者のほとんどが日常的な介護が必要ないため、介護職員による見守りサービス・生活相談サービスを受けながら、自由度の高い暮らしを得ることができます。

「まだ元気だけど、心配だから施設にお願いしたい」という高齢者の家族がいる人は、ぜひ利用を検討しておきたいところですね。

サービス付き高齢者向け住宅の設備

サービス付き高齢者向け住宅は、他の介護施設と比べて、一見すると普通の集合住宅のような構造である場合も多いです。

ですが、基本的にはバリアフリーで、あらゆるところに手すりが設置されていて、段差のない構造になっているのが特徴です。

また、入居者が暮らしやすいように、各個室も25㎡以上と規定が設けられています。

その他通路の幅や出入り口の幅が決まっている点など、高齢者が過ごしやすい環境を用意するための構造には余念がありません。

サービス付き高齢者向け住宅の入居条件

サービス付き高齢者向け住宅の入居条件は以下のように決まっています。

  • ・ 60歳以上
  • ・ 要介護者・要支援者

要介護度は、ほとんど介護が要らない状態もしくは軽い介護が必要な状態が対象になります。

つまり、サービス付き高齢者向け住宅は、60歳以上で、自立した生活ができる要介護者であれば入居の条件を満たすことができるのです。

サービス付き高齢者向け住宅の費用

サービス付き高齢者向け住宅は、介護施設に入居するのではなく、住宅の賃貸契約を結ぶというかたちを取るという特徴があります。

そのため、まず基本的に必要な費用としては、

  • ・ 敷金・礼金...0円~数百万円
  • ・ 家賃・光熱費...10万~30万円

以上のものが必要になってきます。その他、任意の介護サービス・食事提供サービスなどを受ける場合は、さらにそのサービス費用が毎月の費用として上乗せされてくると考えておきましょう。

見守りサービス・生活相談サービスとは?

見守りサービスは、介護職員が定期的に施設内を巡回し、各個室を訪問することで定期的な安否を確認するサービスのことです。元気な高齢者とはいえ、突然の病気などのトラブルに備える必要はあります。

生活相談サービスは、入居者に対する全般的な生活のサポートです。買い物・家族への連絡などを代行したり、病院に付き添ったりする場合もあります。ただし、これには介護サービスが付いていないのが特徴です。介護が必要な入居者は外部の介護サービスを利用する必要がでてきます。

サ高住と有料老人ホームの違いとは?

サービス付き高齢者向け住宅とよく比較される類似の介護施設として、有料老人ホームがあります。特に「住宅型有料老人ホーム」はサービス付き高齢者向け住宅とよく似ており、違いが分からず困っている人も多いでしょう。

以下では、サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームの違いについて解説していきます。

有料老人ホームの特徴

まず、簡単に有料老人ホームの特徴について見ていきましょう。

有料老人ホームは、入居者のための介護サービスを提供する介護施設です。食事の提供、入浴や排泄の介助、リハビリテーションなどを行います。

施設によって受け入れを行っている要介護度はさまざまですが、寝たきりや認知症の高齢者にも対応した施設になります。

また、有料老人ホームの中でも「住宅型有料老人ホーム」は比較的要介護度が低い高齢者が入居する施設として知られています。住宅型有料老人ホームでは介護サービスを受けることができず、受けられるサービスとしては、食事提供や家事のサポートのみです。

サ高住と有料老人ホームは契約形態が異なる

一見すれば、住宅型有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅に大きな違いがないように思えますね。

ですが、まず両者は契約の形態が全く異なります。

  • ・ サービス付き高齢者向け住宅...住宅の賃貸契約
  • ・ 住宅型有料老人ホーム...介護施設の利用契約

サービス付き高齢者向け住宅は、見守りサービスなどが受けられるという特徴がありながらも、契約形態としてはアパートやマンションを借りるのと同じ「賃貸契約」であることが分かります。

これに対して住宅型有料老人ホームは、老人ホームという施設に入居してサービスを受ける「サービス利用契約」に当たります。

サ高住と有料老人ホームは自由度に差がある

サービス付き高齢者向け住宅は、キッチンや入浴スペースなどは共有しながらも、基本的には自分で家事を行うなど普通に生活しているのと同じ暮らしを得ることができます。外泊や外出に関してルールを設けていることも少ないです。

しかしこれに対して、有料老人ホームは自由度が格段に下がります。外泊や外出は許可制で、状況によっては許可が出ない場合もあります。

「不安があるからと言って、いきなり有料老人ホームを選ぶのはちょっと...」というとき、より一般的な暮らしが望めるサービス付き高齢者向け住宅から入居を始める人も多いです。

自由を取るか、安心を取るかが決め手

このように、サービス付き高齢者向け住宅は他の介護施設と比べて、自由度が高く、より本人の自活力を尊重した施設だと言えます。要介護度が上がる前にまずはサ高住から...という選択をする人も少なくありません。

しかし、施設の中で十分な介護サービスを利用することができないという点には不安も残るでしょう。サービス付き高齢者向け住宅の中には、夜間職員が常駐していない場合もあるため、緊急時の対応が遅れてしまう場合もあります。

本人のための自由を取ってサービス付き高齢者向け住宅を選ぶか、お互いの安心のために他の介護施設を選ぶか、本人の意思も尊重しながら決めていけるのが良いですね。

 
ページトップ