【探しっくす】は、無料で有料老人ホーム・高齢者住宅の検索と一括資料請求ができる情報サイトです。

文字サイズ

貴方にあった、老人ホーム
探しをお手伝い!!

TEL:0120591165 平日9:30~18:30

有料老人ホームの選び方 有料老人ホームの選び方

どの施設が自分に適しているのかを
知っておきましょう。

住宅型有料老人ホームとは?

住宅型有料老人ホームとは?最近注目を浴びている4つの理由

senior-mansionimg.jpg

有料老人ホームは、食事・介護・洗濯・掃除などの家事、および健康管理などのサービスを提供し、高齢者が快適に暮らせる施設です。有料老人ホームは3種類あり、目的にあわせて利用できます。今回は、その中から最近注目度の高い住宅型有料老人ホームを紹介します。

目次

3種類の有料老人ホームの特徴とは

有料老人ホームには、住宅型有料老人ホーム、介護付き有料老人ホーム、健康型有料老人ホームの3種類があります。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、生活支援のサービスが付いた高齢者向けの施設で、比較的自立した生活ができる高齢者を対象としています。介護が必要となったときは、外部の介護サービス事業者と別途契約をして在宅介護保険サービスを利用できます。地域の通所介護や訪問介護サービスを利用しながら、そのまま老人ホームでの生活を継続できます。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、介護が必要で自宅での生活が困難な高齢者が入所できる施設です。特定施設入居者生活介護としての指定を受けており、施設スタッフによる身の回りの世話や食事、入浴、排せつなどの介護サービスを原則24時間受けられます。

介護付き老人ホームには、要介護度1以上の高齢者しか入所できない「介護専用型」と要介護でない高齢者も入所できる「混合型」があります。夫婦2人で入所したいとき、どちらか一方が要介護状態で、もう一方が自立できていると「介護専用型」には一緒に入所できません。しかし混合型であれば一緒に入所できます。

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームは、原則として自立した高齢者のみが入所できる施設です。要支援状態の高齢者も入所はできますが、要介護になると退去しなければなりません。健康型有料老人ホームは、家事をするのは面倒、あるいは万が一のことが起こったときに1人で生活しているのは不安な高齢者に最適な施設です。露天風呂が楽しめたり、トレーニングルームで体を動かしたり、元気な高齢者が生活を楽しめる設備が充実しています。

「健康型有料老人ホーム」と「サービス付き高齢者向け住宅」の違い

「健康型有料老人ホーム」とよく似た施設に「サービス付き高齢者向け住宅」というのがあります。「サービス付き高齢者向け住宅」は、国土交通省と厚生労働省が共同で所管する高齢者向け住宅で基本的に「賃貸住宅」ですが、ある程度の介護や支援が必要な方も入居できる等メリットがあり、「介護」が受けられるか否かが両者の大きな違いです。「健康型有料老人ホーム」への入居を希望するときの選択肢として検討するといいかもしれません。

住宅型有料老人ホームが最近注目を浴びている4つの理由

住宅型老人ホームは、最近以下に述べる4つの理由で注目を浴びています。

① 元気なうちに家事の負担を減らし充実した生活が送れる

自立した生活ができる段階から入所でき、食事の提供や掃除、洗濯、買い物などの生活支援サービスが受けられます。そのため食事や家事の負担を減らせて、毎日の生活に追われることなく好きなことができる時間を持てて充実した生活が送れます。また施設ではレクリエーションやイベントが多く実施されているため、自立しているが、やることがなくつまらないという方でも毎日楽しみを持って生活することが出来ます。施設内ではスタッフの支援を得られるので、万が一のときでも安心して暮らせます。

② 訪問介護など外部の介護サービスが自由に利用できる

要介護度状態になり介護サービスが必要になっても、住宅型有料老人ホームでは通所介護や訪問介護などの在宅介護保険サービスが自由に利用できます。介護サービスだけでなく、健康状態の管理も外部サービスを利用することで可能です。また、車椅子、つえなどの福祉用具のレンタルができるため、介護度が重くなっても買い換えが不要で、無駄な支出を抑えられます。ただし、重度の介護状態では、原則として入所し続けることが出来ず、退去しなければならない可能性があります。また医療依存度が高くなったとき、施設によっては看護師がいないこともあるため、事前に看護師が施設に在籍しているかを確認しておきましょう。

③ 多様な種類の施設があり予算や希望にあわせた選択ができる

住宅型有料老人ホームには、介護の必要がなく自立した生活ができる高齢者から、介護・医療サポートが必要な高齢者に対応した施設があります。また、部屋の広さや、共用設備の充実度もさまざまな施設があり、多くの施設を確認することで自分にピッタリの予算や希望する生活スタイルを実現できる施設を選択できます。高齢者の増加とともに高齢者が希望するサービス内容も多様化していますが、それに答える形で多様なサービスを提供できる施設も増加しています。

④ 万が一の場合にも安心できる

看護職員が配置されている住宅型有料老人ホームでは、日常的な健康管理や服薬管理、緊急時に医療機関への連絡などが行われます。万が一のときに、自分で救急車を手配しなければならないことを考えると1人暮らしをしているよりも安心できます。看護職員がいる施設では、インシュリン注射、床ずれ対策、たんの吸引、中心静脈からの栄養点滴・胃ろうによる栄養注入などが、施設によってはできる可能性があります。

住宅型有料老人ホームへの入所条件・費用・申し込み方法

入所条件

入所条件は、一般的には60歳以上で、介護レベルは自立から軽度の要介護レベルまでの高齢者です。身元引受人の有無や伝染病の有無などは、施設によって対応が異なります。詳しくは施設に確認が必要です。

月額費用

住宅型有料老人ホームは、豪華な設備、手厚い介護・看護サービスが受けられる施設から、リーズナブルな設備とサービスが受けられる施設まで幅広く存在しています。入所にかかる費用は、入所一時金と月額利用料金があります。その金額は、非常に幅広く、一時金はゼロ円から数千万円までの幅があります。しかし、一般的な施設では数十万円~数百万円です。また、月額費用も幅が広く、数万円から数十万円までありますが、一般的な施設では約20万円~25万円です。金額の差が大きいので、金額と設備、提供されるサービスの内容をよく調べることが重要です。

入所の申し込み方法

住宅型有料老人ホームが今、注目を浴びている4つの理由について紹介しました。住宅型有料老人ホームは、自立した高齢者から要介護者まで幅広く入所できます。また施設の設備や提供されるサービスレベルの違いにより、施設によって入所一時金や月額費用に大きな差があります。必ずしも金額に比例して設備やサービスが優れているとは限らないため、選択時には慎重に各施設の内容と金額を検討して決めることが重要です。

金額だけや提供されるサービスをじっくり検討しないで選ぶと、経済的な負担の大きさの割にはよいサービスが受けられないとがっかりするかもしれません。または自分にあったサービスが提供されていないことが、入所してから分かって充実した生活を送れない可能性があります。どの施設を選ぶかは慎重に決めましょう。

 
ページトップ