【探しっくす】は、無料で有料老人ホーム・高齢者住宅の検索と一括資料請求ができる情報サイトです。

文字サイズ

貴方にあった、老人ホーム
探しをお手伝い!!

TEL:0120591165 平日9:30~18:30

介護保険の基礎知識 介護保険の基礎知識

まざまな介護サービスを、一割の自己負担で受ける
ことができるのが「介護保険」です。

介護用品のレンタルってあるの?

介護用品のレンタルってあるの?お得な活用方法を解説!

介護用品のレンタルってあるの?お得な活用方法を解説!

実は介護用品はレンタル利用ができることはご存知でしたか。買い替えや試用が多い介護用品ではレンタル利用はうってつけのサービスと言えます。この記事では介護用品のレンタル利用について解説します。車いすやスローブなどは、介護が必要な方にとってはもはや必需品となっていますが、これらは非常に高価であり、突然必要になった時は、とても手が付けられません。介護用品を買い揃えようとしている方はぜひ利用したくなるお得なレンタル方法についてもご紹介します。

目次

介護用品のレンタルと介護保険の関係

介護用品のレンタルをする方のほとんどが、介護を必要としている方でしょう。そのような方であれば、介護保険制度を利用して介護にかかる負担を軽減させられます。

介護用品は非常に高価であり、また一度使ってみないと使い勝手が分からないものです。自己負担を抑えて比較的安価で利用できるサービスなので、介護保険制度を必ず利用しましょう。

大まかな費用

介護用品のレンタル料金は利用するサービス提供業者によって異なりますが、基本的に介護認定を受けた人は1割負担(高所得者は2~3割になる場合もある)でレンタルできます。相場で言うと月額500円前後で、高価なものでも1000~2000円強程度です。逆に言えば、1割負担をしていないと値段が安い物でも月額5000円以上するレンタルを利用するということになりますので、ここから介護用品がいかに高価なものであるかというのが伺えます。

介護保険制度下の介護用品レンタル対象者

介護用品をレンタルするためには条件があります。しかし、条件はそこまで厳しくありません。介護用品のレンタル利用は、要介護認定(要支援1~要介護5まで)を受けた人でしたら誰でもレンタルのサービスを受けることができます。

つまり介護保険被保険者で介護サービスを既に受けている人ならば、誰でもレンタルを利用することができるということです。しかし、要介護レベルがある段階以上にならないとレンタル利用できない介護用品もあります。

レンタルできるおすすめの介護用品例

介護保険制度を利用してレンタルできる介護用品例をご紹介します。代表的なものを掲載していますが、中にはある一定以上の要介護レベルに達しないとレンタルできないものもあります。レンタル業者などに問い合わせましょう。

手すり 手すりは取り付け工事を行わないものであればレンタルすることができます。要支援者や要介護者の歩行の補助に役に立ちます。
スロープ スロープも手すりと同様、取り付け工事を行わないものはレンタル可能です。わずかな段差でもなくなると、要支援者・要介護者にとってはかなり生活しやすくなります。
車いす 要介護2からレンタル利用が可能です。自走標準型車いす、普通型車いす、介護用標準型車いすなどがあります。また、付属品としてクッション、またはパッド、車いすに装着する電動補助用品、テーブル、ブレーキなどを取り付けられます。 レンタルで非常に安価で利用できますので、できるだけ機能性を重視して選ぶと良いでしょう。
歩行補助杖 松葉杖、カナディアン・クラッチ、ロフストランド・クラッチ、プラットフォーム・クラッチ、多点杖など。いろいろと試してから、一番使い勝手が良かったものを選択しましょう。介護者の体の大きさも忘れずに考慮してください。
特殊寝台 サイドレールが取り付けてあるもの、背部・脚部の角度を調節できるベッド、床板の高さが無段階に調整できるものがあります。要介護2からレンタル利用が可能です。
特殊寝台付属品 サイドレール、マットレス、ベッド用手すり、電動ベッド用テーブル、スライディングマット、介助用ベルトなど。要介護2からレンタル利用が可能です。
自動排泄処理装置 自動排泄処理装置のレンタルは要介護レベルによって利用できる機能が違いますので注意が必要です。排便機能付きの自動排泄処理装置は、要介護4以上で初めてレンタル可能になります。しかし、それ以外の機能は支援1から利用可能です。

要介護4以上の方は自力で排泄をすることが難しいので、排便機能があるものを利用しましょう。

レンタル介護用品のおすすめの活用法

最後にレンタル介護用品のおすすめの活用法について説明します。レンタル利用をする前に下記の2つを留意しておきましょう。

  • ① 要介護認定を受ける
  • ② ケアマネージャーと相談をする

① 要介護認定を受ける

要介護認定を受けていなくても介護用品のレンタル利用は可能です。しかし、要介護認定を受けた人は料金の1割しか負担しなくてよいものを、認定を受けていない人は全額負担となります。レンタル利用料が10倍近く変わりますので、レンタル利用をする前に、介護保険の申請を行うことをおすすめします。

また、自動排泄処理装置などは要介護レベルがある段階以上にならないとレンタルできないものもあります。介護保険の申請の手続きはいろいろと手間がかかりますが、欠かさず認定を受けておきましょう。また、介護保険に加入すると、医療費控除など、レンタル利用以外にも様々な利点があります。

② ケアマネージャーと相談をする

レンタル利用の弊害を敢えて上げるのであれば、非常に安価であるため、つい不必要なものまでレンタルしてしまうことです。また、レンタル利用であるため、カスタマイズができず、自分に合った介護用品を選ぶのが比較的困難です。介護用品をレンタルする前に、一度ケアマネージャーと相談をし、適切な用品だけをレンタルする方法もあります。

介護用品レンタルの一般的な流れは、以下の通りです。

ケアマネージャーにと相談する→ケアプランを作成してもらう→サービス提携業者と契約

少し手間がかかるかもしれませんが、プロに厳選してもらえるので、介護を受ける本人も家族もストレスを感じることはないでしょう。

介護用品をレンタルして家族みんなで快適な生活を

介護を行う家族には、肉体的・精神的負担以外にも金銭的な問題も大きく影響します。少しでも長く、無理なく介護を進めるためにも、利用できる制度は賢く活用しましょう。

介護用品レンタルは日常生活をより便利にするいわゆる「家具」のレンタルです。介護用品をレンタルし、家族みんなで快適な生活を過ごせるようにしましょう。

 
ページトップ