【探しっくす】は、無料で有料老人ホーム・高齢者住宅の検索と一括資料請求ができる情報サイトです。

文字サイズ

貴方にあった、老人ホーム
探しをお手伝い!!

TEL:0120591165 平日9:30~18:30

老人ホーム・高齢者向け
住宅にカンタン資料請求!

有料老人ホームの選び方 有料老人ホームの選び方

どの施設が自分に適しているのかを
知っておきましょう。

ケアハウス(軽費老人ホーム)とは?

老後も安心して暮らせる4つの理由

careimg01.png

「施設に入居したいけれど、費用が高くて...」と悩んでいる人は、ケアハウス(軽費老人ホーム)の利用を考えたいところです。ケアハウスとはどんな施設のことを言うのでしょうか。施設の特徴や安心できる暮らしが得られる理由について紹介していきます。

  

目次

ケアハウス(軽費老人ホーム)とは?

ケアハウス(軽費老人ホーム)とはどんな施設なのでしょうか。入居の費用が抑えられるとの特徴を持ったケアハウスですが、その具体的な特徴と費用について考えてみましょう。

ケアハウス(軽費老人ホーム)の特徴

ケアハウス(軽費老人ホーム)とは、比較的低額な利用料金で、生活の介助やサポートを受けられる施設のことを言います。

身寄りのいない高齢者、何らかの事情で家族からの支援や介護が受けられない独居の高齢者を対象として受け入れを行っています。

ケアハウス(軽費老人ホーム)を運営するのは地方自治体や社会福祉法人です。ケアハウスの入居者は、これらの団体の支援を受けるかたちで自立した生活や介護サービスを得ることができます。

ケアハウス(軽費老人ホーム)は3種類に分かれる

ケアハウスは施設の特徴や入居条件によって、種類が以下の3種類に分かれます。

  • ・ 軽費老人ホームA型
  • ・ 軽費老人ホームB型
  • ・ ケアハウス(軽費老人ホームC型)

軽費老人ホームA型・B型は身よりのいない独居高齢者、もしくは家族からの支援を受けられない高齢者を対象とします。 A型では食事提供サービスを受けることができますが、B型では食事提供がないため自炊をする必要があります。
また、A型・B型共に要介護者は入居の対象外となるのが特徴です。

そして、ケアハウス(軽費老人ホームC型)は食事提供や見守りなどのサポートを受けることができます。ケアハウス(軽費老人ホームC型)は更に一般型と介護型に分かれ、一般型は基本的にほとんど介護を要しない人が入居の対象となります。介護型は要介護者を対象とし、常駐する介護スタッフから入浴や排泄などの介助を受けることが可能です。

ケアハウス(軽費老人ホーム)の入居条件

それぞれの入居条件は以下の通りです。

  • ・ 軽費老人ホームA型・B型...60歳以上、所得が月34万未満
  • ・ ケアハウス(軽費老人ホームC型)・一般型...60歳以上
  • ・ ケアハウス(軽費老人ホームC型)・介護型...65歳以上、要介護度1~2

軽費老人ホームA型・B型は所得に制限があるのが特徴になります。家族からの支援を受けることができず、1人で生活していくことが困難であることがポイントになるからです。

ケアハウス(軽費老人ホーム)で老後も安心して暮らせる4つの理由

ケアハウス(軽費老人ホーム)は身寄りのいない高齢者に向けてスタートした介護施設の1つです。費用が安価なことが最大のメリットとして知られていますが、実際の暮らしはどのようなものになるのでしょうか。

こちらでは、ケアハウス(軽費老人ホーム)が老後も安心して暮らすことのできる理由について触れながら、設備やルールなどの特徴について解説していきたいと思います。

【理由①】費用が安い

ケアハウス(軽費老人ホーム)は基本的に安価な月額料金で施設を利用することができるのが大きな特徴になります。そのため、低所得者でも入居することが可能になり、大きな負担を感じることなく安心して老後を過ごすことが可能になるのです。

実際にかかる費用の目安としては、以下を参考ください。

  • ・ 軽費老人ホームA型...6万円~17万円程度
  • ・ 軽費老人ホームB型...3~4万円程度
  • ・ ケアハウス(軽費老人ホームC型)...6万円~17万円程度

施設や本人の所得によっても費用は変動します。しかし、もし10万円もかからずに施設に入居することが可能になるのであれば、家族から経済的な支援や介護を受けられない人にとっては非常に有り難いところです。

【理由②】介護型なら要介護度が上がっても退去を求められない

ケアハウスの介護型に入居する場合、一定の介護サービスを受けることが可能になります。経費老人ホームA型・B型で要介護者は入居することができませんが、ケアハウス(軽費老人ホームC型)なら要介護者でも入居することができるからです。

また、介護型のケアハウスに入居していれば、介護度が上がっても入居したままでいられるというメリットがあります。高齢者にとって介護度が上がるにつれ、退去を求められたり、施設を移ったりするのは大きなストレスになります。

やっと慣れた施設を、介護度が上がることによって追い出されてしまうのは、老後を平穏無事に過ごしたい高齢者にとって非常に酷なことでしょう。

その点では、ケアハウスは高齢者にとって安心できる暮らしを約束してくれる施設の1つなのです。

【理由③】プライバシーが守られる

ケアハウス(軽費老人ホーム)の良い点は、その設備にもあります。基本的に入居者には個室が与えられるため、一定のプライバシーが守られます。

施設に入居することによるいきなりの共同生活には戸惑う人が多いです。そのため、個室を約束してくれるケアハウス(軽費老人ホーム)は、入居者にとってストレスフリーで安心できる生活を与えてくれることは明らかです。

有料老人ホームとは違い、自由度も高いため、安否確認のサービスなどを受けながらも安心して普通の生活とほぼ変わらないような老後を過ごすことができます。

【理由④】レクリエーションが老化防止に繋がる

ケアハウスは上のように個人のプライバシーを尊重しつつ、レクリエーションなどで入居者同士の交流の機会を設けているところが多いです。

プライバシーを侵害されない暮らしをしながらも、他の入居者との談話や、囲碁や将棋などの娯楽が楽しめるのも特徴です。孤独を感じている独居の高齢者も多いですから、話の合う同じ年代同士、生き生きと暮らせる人もたくさんいることでしょう。

また、レクリエーションは老化防止に繋がることも重要なポイントです。多くの介護施設で取り入れられていることですが、ケアハウスでももちろん老化防止のためのクイズ、塗り絵、カラオケなどのレクリエーションは欠かさないところが多いです。

孤独を感じることなく、生き生きとした暮らしができる、このような点もケアハウス(軽費老人ホーム)が安心して老後を過ごせるポイントの1つなのです。

高齢化に伴い需要の高まるケアハウス

ケアハウス(軽費老人ホーム)の特徴や、安心度が高い理由について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

高齢化に伴い、ケアハウスの人気度は非常に高まっています。独居の高齢者や、身寄りがいないなどさまざまな事情を抱えた高齢者が増え、自ら入居する施設を探すことも珍しくないことなのです。

比較的低額で入居でき、自由度が高いことも大きな魅力です。人気の施設は待機期間が長くなることも少なくありません。老後をどのように過ごしていきたいのか考え、ぜひ自分の暮らしに合った施設を見つけてください。

 
ページトップ