【探しっくす】は、無料で有料老人ホーム・高齢者住宅の検索と一括資料請求ができる情報サイトです。

文字サイズ

貴方にあった、老人ホーム
探しをお手伝い!!

TEL:0120591165 平日9:30~18:30

有料老人ホームの選び方 有料老人ホームの選び方

どの施設が自分に適しているのかを
知っておきましょう。

シニア向け分譲マンション・ケア付き高齢者住宅とは?

最近話題のシニア向け分譲マンション・ケア付き高齢者住宅とは?

senior-mansionimg.jpg

話題にあがることの多いシニア向け分譲マンションやケア付き高齢者住宅とはどんなものか、注目される理由が理解いただけるように解説致します。また比較されることの多い有料老人ホームとの違いは何かも、理解しておきたいところです。

一口に高齢者向けの施設といっても大きく特徴が異なるので、それぞれのメリット・デメリットをきちんと把握いただくとよいでしょう。その上で、より居住者の方にあった施設を選択したいものですね。

目次

シニア向け分譲マンションとは

シニア向け分譲マンションは、高齢者の方が暮らしやすいように設備やサービスを工夫された分譲マンションのことです。バリアフリーで設計されていたり、安否確認の見守りサービス、フロントサービス(来訪者の受付など)といったサービスが提供されていたりするのが特徴です。

食堂や図書室などが共用の設備として用意されています。中には、温泉やフィットネスジム、レストランが併設された豪華な施設もあります。付随するサービスの内容は、施設によってそれぞれです。自立して生活できる高齢者が対象で、仮に介護が必要な場合は、一般的に外部のサービスに依頼することになります。

シニア向け分譲マンションは一般的な分譲マンションと同じで、購入者の資産となるもので、購入後の売却や賃貸もできます。ただしまだ新しい市場であり、売却に際してなかなか買い手が付きにくい傾向があるようです。

入居の条件は

上述した通り、基本的には自立した生活が可能な高齢者が対象であり、施設から介護のサービスが提供されることはありません。認知症への対応もありません。一方、年齢についての条件は施設ごとに異なります。

受けられるサービスの内容

施設によってサービスの内容は異なりますが、食事の提供や見守り・生活相談は多くの施設で対応しています。また来訪者の取り次ぎなどのフロントサービス、救急車・医師の手配など、緊急時の対応は、施設のサービスとして対応してくれます。

一方で、食事・入浴・排泄などの介護サービスは提供されません。必要であれば外部のサービスを利用します。そのほか、掃除や洗濯、病院への同行などを、サービスとして提供する施設もあるので、興味があれば施設へ問い合わせてみるとよいでしょう。

有料老人ホームとの違い

最も大きな違いは、所有権の有無です。シニア向け分譲マンションは利用者に所有権があり、資産となります。対して、有料老人ホームで入居者がもつのは利用権であり、分譲マンションのように第三者へ譲渡することはできません。

次の違いは介護サービスの有無です。有料老人ホームでは、サービスとして介護が提供されますが、先程挙げた通り、シニア向け分譲マンションでは提供されません。

入居費用の目安

施設によって大きく差があり、入居時には数百万~1億円以上かかる施設もあります。また月額費用として10万~30万円程度が必要となります。

シニア向け分譲マンションを選ぶメリットとデメリット

メリットは、アクティブな老後を過ごすための充実したサービスが受けられることが挙げられます。シニア向け分譲マンションには娯楽設備やイベントが充実しており、楽しく快活な余生を送ることができるでしょう。また有料老人ホームの利用権と異なり、資産として手元に残ることもメリットです。

一方でデメリットは、介護サービスが提供されておらず、別途外部のサービスを利用する必要があることが挙げられます。また市場として成熟しておらず、まだまだ選択肢が少ないここと、売りたいときに買い手が付きにくいこともデメリットです。

ケア付き高齢者住宅とは

ケア付き高齢者住宅(サービス付き高齢者向け住宅)とは、バリアフリーに対応した高齢者にとって住みやすい賃貸住宅です。一般の賃貸住宅では、高齢者であることを理由に入居を断れてしまうことがありますが、ケア付き高齢者住宅ではその心配がありません。

入居の条件は

ケア付き高齢者住宅は、「高齢者住まい法」に基づいて運営されており、60歳以上の高齢者もしくは要介護者認定を受けた60歳未満の方が入居できます。また、以下の条件に当てはまる方は、ケア付き高齢者住宅に同居することが可能です。

  • ・配偶者
  • ・60歳以上の親族
  • ・要介護・要支援認定を受けている親族
  • ・特別な理由により同居させる必要があると知事が認める者

受けられるサービスの内容

ケア付き高齢者住宅では、安否確認と生活相談(あわせて見守りサービスと呼ばれる)が必ず提供されることになっています。見守りサービスは、医師・看護師・介護福祉士・社会福祉士のようなケアの専門家が担当します。

一方で施設によっては、食事や入浴などの介護サービスが提供されている場合もあります。ただし法律(高齢者住まい法)によって、提供が必須とされるサービスではないため、有無は施設ごとに確認が必要です。仮に介護サービスが提供されない施設で、かつ介護の必要が生じた場合は、外部のサービスに依頼することになります。

有料老人ホームとの違い

ケア付き高齢者住宅はあくまで賃貸住宅の一種であるのに対し、有料老人ホームは介護施設に分類されます。上述の通りケア付き高齢者住宅は、見守りサービスは必ず提供されますが、介護サービスは提供されません。一方の有料老人ホームでは、介護サービスが含まれます。

これによって支払いが必要となる費用の種類も違います。ケア付き高齢者住宅は賃貸住宅の一種なので、敷金を納める必要がありますが、有料老人ホームで支払いが必要になるのは、施設やサービスを利用するための入居一時金です。

最後に有料老人ホームとは、居住面積に関するルールが異なります。ケア付き高齢者住宅は「高齢者住まい法」により1人あたり25平方メートル以上の居室面積を用意することが求められています。一方で、老人福祉法により有料老人ホームの個室に求められる面積は1人あたり13平方メートルです。

入居費用の目安

一般的な賃貸住宅と同様に、入居の際に2~3ヵ月分の敷金が必要となる場合が多いです。月額費用は、10~25万円程度が必要となります。介護サービスが必要な場合は、別途契約でさらに費用が加算されます。

ケア付き高齢者住宅を選ぶメリットとデメリット

まずメリットとして、自立した高齢者でも入居が可能な点が挙げられます。また有料老人ホームと比較すると、外出などの制限がなく自由に行動できるため、アクティブな生活を送りたい高齢者には合っているでしょう。

一方で配置を義務づけられていないため看護師が常駐していない場合が多いなど、有料老人ホームと比較すると、ケアや見守りの体制は充実していません。また寝たきりの状態のように、重度の介護状態になると継続して居住するのが難しくなるのがデメリットです。

アクティブな高齢者に適した選択肢を

シニア向け分譲マンションやケア付き高齢者住宅は、余生をアクティブに過ごしたい自立した高齢者に適した施設です。施設ごとにサービスの特徴もさまざまなので、興味があれば資料をもらったり見学に行ってみたりするとよいでしょう。有料老人ホームと比べ介護サービスが充実していないデメリットはあるものの、高齢者の方が幸せに過ごすための選択肢の一つとして検討したいですね。

 
ページトップ