ポイント1アズパートナーズのコンセプト

アズパートナーズが運営する有料老人ホーム「アズハイム」シリーズは、「施設」ではない。介護を必要とされる高齢者の方々のための「ホーム(家)」であると、アズパートナーズでは考えている。
またアズパートナーズは、「ご入居者の方々とそのご家族の意思と希望を尊重し、お客様第一主義精神で対応することを心がけます」、「心のこもったふれあいの精神を常に心がけ、身体介護だけにとどまらず対話を通しての精神的サポートも行うことを心がけます」、「ホームの衛生・安全面に十分配慮し、快適な住空間を提供することを心がけます」、「ご入居者の方々お一人おひとりの生きてきた人生を尊重し、いつまでも自分らしい生活を送れるよう心がけます」、「安心・安全の暮らしを大前提としながら自由を抑制しない方針で、ご入居者の方々のケアを行うことを心がけます」といった「5つの誓い」を宣言している。
そして、この誓いのもと、ご家族と同様の絆をご入居者との間に築き、安心して暮らしを営め信頼されるパートナーであることをサービス理念とし、ご入居者とその家族の方々の満足を第一にホームの運営心がけている。

ポイント2アズパートナーズの特長

アズパートナーズの「アズハイム」には、スタッフが24時間常駐。起床時や就寝時のお手伝い、入浴・食事・排泄のサポートなど、一人ひとりに合わせた介助を行っている。もちろん掃除・洗濯といった生活のお手伝いも行っている。

また、夜間も定期的な巡回を行い、ご入居者の様子をうかがったり、おむつ交換などにも対応してくれる。各居室にはナースコールを設置。日中・夜間に関係なく対応してくれる。看護職員も365日、日中常駐だ。
さらに「アズハイム」では、充実した介護・医療サービスを受けながら、彩り豊かな毎日を楽しんでいただけるよう、お花見やクリスマス会などの季節の行事から、ネイルアートやフラワーアレンジメントなどの趣味を深める多彩なレクリエーションまで行っている。
このように「アズハイム」は、ご入居者の満足のためにさまざまな想いと工夫が満載した「ホーム(家)」であるといえるだろう。

アズパートナーズの会社概要

事業者名 株式会社アズパートナーズ
本社所在地 〒100-0006
東京都千代田区有楽町1丁目5番2号 東宝ツインタワービル6階
設立 2004(平成16)年 11月2日
代表者 代表取締役  植村 健志
資本金 4,000万円
従業員数 775名(平成27年4月1日現在)
事業内容 ・シニア事業
介護付有料老人ホーム、デイサービス、ショートステイの運営
・不動産事業
収益不動産保有、宅地住宅分譲、不動産再生コンサルティング等
売上 5,047,420千円(平成27年3月期)
保有資格 社会福祉士(4名)、介護福祉士(148名)、介護職員基礎研修(13名)、ヘルパー1級(18名)、
ヘルパー2級(352名)、介護支援専門員(36名)、正看護師(49名)、准看護師(21名)、
あん摩マッサージ師(4名)、柔道整復師(7名)、宅地建物取引主任者(9名)、
不動産コンサルティング技能登録者(3名)、再開発プランナー(1名)、
社会福祉主事(11名)、理学療法士(25名)
(平成27年4月1日現在)
加盟団体 (社)全国特定施設事業者協議会
高齢者住宅経営者連絡協議会
(社)東京都宅地建物取引業協会
(社)全国宅地建物取引業保証協会
(社)全国住宅産業協会
簡単検索で探す