【探しっくす】は、無料で有料老人ホーム・高齢者住宅の検索と一括資料請求ができる情報サイトです。

文字サイズ

貴方にあった、老人ホーム
探しをお手伝い!!

TEL:0120591165 平日9:30~18:30

介護のお役立ちコラム

在宅酸素療法(HOT)の機材や医療費について|介護のコラム

在宅酸素療法(HOT)の機材や医療費について|介護のコラム

更新日:2021.06.09

shutterstock_1140744185.jpg

さまざまな病気を抱えながら自宅で療養生活を送る人は大勢いますが、慢性的な呼吸不全や心不全を抱えている場合、在宅酸素療法を導入するケースが多いようです。

「大がかりな装置が必要では?」「行動が大きく制限されるのでは?」など不安に駆られることかもしれませんが、医師の指導のもと適切に治療すれば、大幅に自由を阻害されるようなことはありません。今回は在宅酸素療法の概要を見ていきましょう。

長生きのためにも必要な酸素療法

「在宅酸素療法」とは、血液中の酸素濃度が足りない人に対して、機械や装置を用いて酸素を取り入れる治療法を指します。英語の頭文字(Home Oxygen Therapy)を取ってHOT(ホット)とも呼ばれています。

大気中の酸素が占める割合は約20%ですが、呼吸不全や心不全に見舞われた人にとって、口や鼻から大気中の空気を呼吸するだけでは酸素の供給量が足りません。そこで機械や装置を用いて、大気中よりも濃度の高い酸素を鼻カニュラ(鼻の穴に通すチューブ)を通じて体内に供給します。

定期的な機材のメンテナンスや通院は必要となりますが、自宅に居ながらほぼ普段どおりの生活を送ることができるため、介護面などで問題視されるQOL(生活の質)の大きな低下を招くようなことはありません。酸素の欠如は生命にかかわる大きな問題ではありますが、医師の指導を守り在宅酸素療法を続けていれば、寿命の向上も期待できます。

酸素が欠乏すると身体にどのような異変が起こる?

pixta_22941667_M.jpg

体内の酸素濃度が低下すると身体にどのような異変が起きるのでしょうか?

まず肺について、肺の機能は空気中の酸素を呼吸することによって体内に取り込むことです。しかし、何らかの疾患により肺の機能に問題がある場合、身体が必要とするだけの酸素を取り込むことができなくなります。酸素は血液中を流れ全身の器官に行き渡っていますが、酸素が不足すると各臓器も正常な働きが難しくなります。

低酸素状態になると、初めに息苦しさを覚え、簡単な運動はもちろん日常のあらゆる動作も継続しにくくなります。そのうちに全身の筋肉が衰えるようになり、日常の呼吸ですら正常にできなくなります。やがて血液を送る心臓の機能も弱まり、心不全などを引き起こす可能性も高まります。このため、酸素の欠乏は生死にかかわる重大なリスクとなるのです。

在宅酸素療法の種類

次に在宅酸素療法に用いる機械、装置の紹介をします。いずれも使用上のメリット・デメリットがあり、どういった種類を選ぶかは医師と相談した上で決めることになります。

酸素濃縮装置

大気中の窒素を装置内で吸着させ、高濃縮の酸素を作り出す機械です。電源があればどこでも使えて操作方法も容易です。大気を集めて酸素を作り出すため、煩雑なカートリッジ交換の手間などもありません。欠点としては、大がかりな移動が難しいため、自宅や病室でしか使えず、万が一の停電時の対策も必要となります。非常時でも使える携帯型の酸素濃縮装置もあります。

液化酸素装置

マイナス189℃で液化した酸素をボンベ(親容器)に充填し体内に送る装置です。電源が不要なのが最大のメリットでしょう。また酸素を携帯用のボンベ(子容器)に詰め替えることも可能で、外出の自由が広がります。欠点としては、液化酸素の子容器への詰め替え作業が煩雑で、メンテナンス性も酸素濃縮装置に比べて劣ります。また、子容器もそれなりの重量があるため、外出時に体力的な負担が大きくなる点も否めません。

在宅酸素療法をおこなう上での注意点

shutterstock_1159816966.jpg

続いて、在宅酸素療法をおこなう上での注意点となります。毎日のことであるがゆえ、使用する本人はもちろん、日々の介助や病院への付き添いを共にする家族も注意しておかなければならない事項です。

月1回の定期検診を受ける

在宅酸素療法を実施するにあたり、最低月に1回以上、医師の問診が必要となります。装置に不具合がないか、決められた酸素容量が守られているか、痛みや不快なく患者本人が治療に専念できているかなどを観察します。定期検診を守らないと後述する減免措置が受けられなくなる可能性もあります。

機材の取り扱い

酸素濃縮装置、液化酸素装置の使用上の注意点です。

酸素濃縮装置の場合、万が一の停電時にどのように対策を取るか考えておきましょう。非常用バッテリーを内蔵したタイプをリースする、液化酸素装置を予備で用意するなどがあります。集気するフィルターにホコリが付着すると性能をフルに発揮できなくなるため、こまめに清掃するようにしてください。

液化酸素装置の場合、親容器への液体酸素の充填は業者がおこないます。そのため残量を常にチェックし、酸素を切らさないようにしてください。また、携帯用の子容器に移し替える場合は、患者本人もしくは家族がおこないますが、作業は必ずマニュアルに従って進めるようにしましょう。

高濃度の酸素は引火性が非常に高いことから、ボンベを火に近づけることはご法度です。キッチンや石油ストーブの近くに装置を置かないこと。最低でも火器類から2m離れた位置に置いてください。当然、酸素吸入時の喫煙は危険なので止めてください。

外出時の制限(公共の場への持ち込みなど)

携帯用のボンベがあれば行動範囲も広がりますが、安全上、移動が制限されることもあります。原則、酸素ボンベを電車やバスなどの車内に持ち込むことは許可されていますが、飛行機の場合は別途手続きが必要になります。火を使うキャンプ場なども入場制限の対象となるかもしれません。必ず、来訪する施設や利用する公共交通機関のガイドラインに従って行動するようにしてください。

在宅酸素療法の費用と個人負担

大がかりな装置を導入することから在宅酸素療法はお金がかかるのでは? と心配する方も多いでしょう。在宅酸素療法は医療保険の対象となるため、機材のリース、ボンベの交換などにかかる個人負担は1~3割となります。各月の金額は1割負担7,680円、2割負担15,360円、3割負担23,040円となります。

また、高額療養費制度や高額介護合算療養費制度を利用すれば、減免措置を受けることができ費用は後日還付されます。詳しくは担当医師や住まいのある市区町村の国民健康保険相談窓口、介護保険による介護サービスを受けている場合は地域包括支援センターに、まずは相談するようにしましょう。

在宅酸素療法受け入れ可能な施設も

pixta_55440723_M.jpg

今回ご紹介したように、呼吸不全や心不全を抱えている人でも自宅で安心して暮らせることがわかりました。これは有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅で暮らす場合も同様で、全国の多数の施設で在宅酸素療法患者の受け入れを実施しています。

▼探しっくす 全国の在宅酸素受入れ可能な施設特集
https://www.sagasix.jp/theme/oxygen

提携先医療機関による医療サポートを受けられるほか、看護師が常駐して24時間体制で駆けつけてくれるホームもあります。生活に制限があるからといって入居をあきらめずに、自分に合った施設を探すところから始めましょう。

 

コロナ禍でも
面会できる施設特集

コロナ対応特集

早分かり用語集

早分かりと用語集見本

老人ホーム・高齢者住宅
運営事業者の方へ

施設の情報を掲載しませんか?

老人ホーム検索サイト「探しっくす」では、事業者様のご入居募集のニーズに合わせて、2つのご掲載プランからお選びいただけます。

コラムカテゴリ一覧

コロナ禍でも
面会できる施設特集

コロナ対応特集

早分かり用語集

早分かりと用語集見本

コラムカテゴリ一覧

ページトップ