高齢者の住まい基礎講座
  • 基礎知識
  • 費用について
  • 選ぶときのポイント
  • 入居までの流れ
  • よくあるご質問
事前におさえておきたい 選ぶときのポイント

必ず見学・体験をしてみましょう

資料を集めて検討しても、生きた情報は手に入れられません。最後の決断を下す前に、必ず見学と入居体験をしましょう。

老後を託す「終のすみか」の選択には、納得がいくまでとことん情報を集めて、悔いを残さないようにしなければなりません。しかし、取り寄せたパンフレットをスミからスミまで読み込んだとしても、実際のホーム見学や体験入居に比べたら…。

質の高い生きた情報を手にいれるためには、積極的にホーム見学や体験入居をする必要があります。「百聞は一見にしかず」。最後は自分の足で集めた情報が決め手になることでしょう。

基本的に有料老人ホームは、見学と体験入居を受け付けています。見学は無料ですが、体験入居の場合、一泊以二食付きで8千円〜1万8千円程度の費用がかかります。お金を払っても、安心で快適な住まいで過ごせることを考えたなら、安いといえるのではないでしょうか。少しでも気になるホームがあったら、必ず見学や体験入居をしてみてください。

見学・体験のポイント

見学や体験入居のときは、率直に自分が感じたこと・思ったことを質問してください。「あの時、聞いておけばよかった」とあとで後悔することになります。勇気をもって「どんな些細なことでも、気になったら聞く」という姿勢で臨んでください。

見学のためのかんたんチェック項目

  1. 最寄り駅は?
  2. 交通手段は?
  3. 周辺環境はどうか?
  4. 医療機関名は?
  5. 体制人数は?
  6. 介護を受ける場所は?
  7. 介護を受ける場合の金額は?
  8. 居室への来客の宿泊は?

体験入居のためのかんたんチェック項目

  1. スタッフの対応の印象は?
  2. トイレの使い易さは?
  3. 浴室の使い易さは?
  4. 浴室の利用時間は?
  5. 居室の日当たりは?
  6. 食事のメニュー選択は?

ここでは、基本的なチェック項目のみを挙げておきました。実際に入居するときは、以下のポイントだけでは十分でありません。

詳しいチェックシートはこちらからどうぞ

上に戻る

比較検討は忘れずに 最終確認と契約は漏れのないように
こだわり・特長から有料老人ホーム・高齢者住宅を探す 大手事業者が運営する有料老人ホーム・高齢者住宅 医療面の受け入れ体制から有料老人ホーム・高齢者住宅を探す 施設の種類から有料老人ホーム・高齢者住宅を探す 都道府県別に有料老人ホーム・高齢者住宅を探す