特集!取材レポート

2015年3月

レジデンス浦和美園
住宅型有料老人ホーム

〒336-0963 埼玉県さいたま市緑区大字大門4444
運営事業者:株式会社エルダリーリビング

施設詳細はこちら
レジデンス浦和美園外観
笑顔で過ごすことこそ、最高のリハビリテーション。真剣に遊び、大いに笑い、幸せに過ごせる施設を目指します。

ワクワク、楽しいことにチャレンジする新しい介護の形

2014年11月に埼玉県さいたま市にオープンした「レジデンス浦和美園」の最大の特長は、“カジノ”がテーマの介護施設「デイサービス・ラスベガス」が併設していることだ。

「デイサービス・ラスベガス」とは、架空通貨ベガスを用いながら、バカラやブラックジャック、スロットなどの各ゲームを行い、「うれしい」「くやしい」といった感情を通して脳を活性化させる新しいコンセプトのデイサービスだ。

「デイサービス・ラスベガス」を運営している日本エルダリーケアサービスは、参加者が自発的に楽しみ、笑顔になれるデイサービスは何かを考え、“カジノ”を取り入れたデイサービスを考案した。ゲームなら男女問わず楽しめ、笑ったりエキサイトしたりと喜怒哀楽の感情を豊かに表現することが、脳のほど良い刺激に繋がるという。また、手指の運動や計算などの繰り返しにより身体機能の保持も期待できる。

“カジノ”というと眉をひそめる方がいるかもしれないが、もちろん賭博を行うわけではなく、「デイサービス・ラスベガス」は大人の社交場としての機能を提供している。“カジノ”という非日常的な雰囲気を楽しむ参加者も多く、自宅にこもりがちだった高齢者の方が「デイサービス・ラスベガス」を楽しみに外出するようになった例もあるという。

「デイサービス・ラスベガス」が「レジデンス浦和美園」内に併設していることにより、ご入居者は遠くまで通う手間なく話題のデイサービスを利用することができる。ぜひ一度、見学に訪れてみてはいかがだろう。

快適な生活環境で充実した毎日を

「レジデンス浦和美園」は、「浦和美園」駅から徒歩8分の好立地に位置し、周辺には大型ショッピングモールがあるため、生活雑貨や食料品、衣料品まで暮らしに必要なものを一通り揃えることができる利便性の高さが魅力だ。
また、施設内には併設する「デイサービス・ラスベガス」の他に、カラオケルームやシアタールーム等、生活を充実させるアミューズメント環境が揃っている。
もちろん快適で健康的な生活を送る為には「医療連携」は欠かせない。
「レジデンス浦和美園」では近隣の医療機関と連携し、定期的な往診や看護ケアを提供するだけでなく、緊急時の24 時間対応等ご入居者が安心して生活できる医療体制を構築しているという。

住宅としての快適さと、もしもの時の安心感を兼ね備えた「レジデンス浦和美園」で充実したセカンドライフを送ってみてはいかがだろう。

目指したのはレストランクオリティ

毎日の生活に欠かせない“食”は、食べることの楽しさや生きるための活力に繋がる重要なポイントだ。「レジデンス浦和美園」では、味・栄養バランスにこだわったメニューを用意するのはもちろん、ご入居者に“食事をする楽しみ”を提供できるように心がけているという。

施設内の厨房で調理する手作りの食事は、提供時間内であればご入居者の好きなタイミングで食堂へ行き、その時に食べたいものをレストラン感覚でセレクトできる。また、四季折々の季節を感じられる特別食や、ご入居者のニーズに合わせて「刻み」「ペースト」「減塩」などの特殊な対応も可能だという。器や盛り付けにもこだわり、五感を使って食事を楽しむ工夫が随所に見受けられる。『毎日のことだから、最高のものを提供したい』という「レジデンス浦和美園」の思いが感じられる心遣いだ。

「レジデンス浦和美園」のスタッフより

『当施設では、ご入居者様の自主性を尊重しております。
自己選択・自己決定が行えるように、自由度の高いサービスを設定しております。ご入居者様のご要望にきめ細やかに対応でき、支援させていただけるよう心がけています。』

ご入居者の声

『年末にあわただしく「レジデンス浦和美園」に入居して、まだ一ヶ月も経っていませんが、職員の方々の一所懸命さ、若さ、実行力に感心します。

自分の身体に気をつけて、一日一日を喜んで生きていけたら幸せと思っています。』(入居一ヶ月目/M様/女性)

レジデンス浦和美園
住宅型有料老人ホーム

〒336-0963 埼玉県さいたま市緑区大字大門4444
運営事業者:株式会社エルダリーリビング

施設詳細はこちら
レジデンス浦和美園外観

上に戻る