特集!取材レポート

2015年3月

おひさまハウス柴又
サービス付き高齢者向け住宅

〒125-0052 東京都葛飾区柴又7-13-8
運営事業者:一般財団法人日本医療輸出協力機構

施設詳細はこちら
おひさまハウス柴又外観
医療法人のバックアップによる、24時間の見守り体制。訪問介護、訪問看護事業所を併設した安心・快適な高齢者向け住宅です。

下町情緒あふれる葛飾柴又で穏やかなシニアライフを

2014年10月、葛飾区柴又に開設された「おひさまハウス柴又」は、医療法人社団清陽会の監修の下、24時間の見守り体制を整えるサービス付き高齢者向け住宅だ。訪問介護、訪問看護事業所が併設されていることにより、ご入居者は必要に応じて24時間の介護・看護サービスを受けることができる。

さらに、「おひさまハウス柴又」の特長的な点として、医療法人社団清陽会が運営するおひさまグループのクリニックから医師と看護師が毎日巡回しているため、医療依存度の高い方の受け入れが可能となっていることだ。
具体的には、胃ろうや中心静脈栄養(IVH)、在宅酸素を必要とする方から、緩和ケア、ターミナルケアを必要とする方まで幅広く対応できるという。

また、葛飾柴又という昭和の香りが残る街並みや、自然風景を楽しめる環境の良さも魅力の一つとなっている。「柴又」駅より徒歩5分、帝釈天の近くに位置する「おひさまハウス柴又」では、参道の賑わいと江戸川沿いの静かな雰囲気の両方が楽しめる。下町散歩を楽しむご入居者も少なくない。

介護度が高く自宅での生活が困難な方から、散策やデイサービスを楽しみたい介護度の低い方まで安心して暮らせる「おひさまハウス柴又」。下町ロマン溢れる環境で、充実した生活を送ってみてはいかがだろう。

四季を感じられる充実のイベント

「おひさまハウス柴又」では、年間を通して四季折々のイベントやアクティビティが開催されている。
4月にはお花見、9月は納涼祭や敬老会、12月はクリスマス会等、楽しいイベントが目白押しだ。 季節を感じられるイベントの他にも、お誕生会やボランティアによる出し物等、様々な催しを随時行っているという。

また、「おひさまハウス柴又」の展望ラウンジでは、春は桜、夏は花火大会、富士山に江戸川の土手など、四季を通して様々な風景を楽しむことができる。季節の移り変わりを感じながら、ゆったりとくつろげる空間だ。

「おひさまハウス柴又」のスタッフより

『食事前の手、首、口の体操を時間がある時に実施したところ、ご入居者様は笑顔で体操して下さり、大きな声で冗談を言って下さるようになりました。』

ご入居者の声

『自宅で生活していた頃は、冬はとても寒く過ごし難かったのですが、「おひさまハウス柴又」に入居してからは、いつも暖かく過ごせています。
また、スタッフの人達は皆さん裏表なく接してくれるのが有り難いです。』(入居1年目/T.K様/女性)

おひさまハウス柴又
サービス付き高齢者向け住宅

〒125-0052 東京都葛飾区柴又7-13-8
運営事業者:一般財団法人日本医療輸出協力機構

施設詳細はこちら
おひさまハウス柴又外観

上に戻る